生理的口臭について

朝起きたときに息が臭い
…誰もが一度は経験したことがありますね。
その最も大きな原因は、ずばり唾液
寝ている間に唾液の分泌量が減って、
口の中の雑菌が増えたことが原因です。

病気を原因としない口臭を一般に生理的口臭といいますが、
これらの口臭を解消するためには、
唾液をコントロールすることが大切です。

唾液には、リゾチームという酵素があり、
この酵素が口の中の雑菌の細胞を破壊してくれます。
残った雑菌も、唾液とともの飲み込まれることで、
胃酸によって死滅するのです。
人間の身体のシステムって凄いですね。

こんな凄いパワーのある唾液なので、
さまざまな理由で唾液が減ると、口の中の雑菌が増え
口臭の原因になってしまうのです。

口臭が気になるとき、
毎日の生活をチェックしてみましょう。

・食事が不規則だったり、抜いたりする。
・食事を食べるのが早い
・噛まずに飲み込む事が多い。
・水分をあまりとらない。
・仕事中など、黙っていることが多い。

生活態度だけでなく、早食いや飲み込みなどで
食事中に顎を使わないことでも、
唾液の分泌が低下します。

また、夜更かしやエアコンの使いすぎなどが原因で、
自律神経の機能が低下しても、
唾液が出にくくなります。

風邪やアレルギーなどで鼻づまりになったときなど、
口呼吸も口臭の元になるので注意しましょう。

最近では、生活態度に加え、強いストレスなどにより、
口の中が常にかわくドライマウスという症状も有名です。

ドライマウスは、薬の副作用から起こす場合もありますので、
原因をよく確認した上で対応することが大切です。

更に、女性の場合は生理や妊娠時などのホルモンバランスの変化も、
口臭の原因になる場合があります。

 

>>>口臭対策のいろいろ…は、こちら

▲“息臭い改善ブログ” トップページへ戻る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ