病気と息の臭い(病的口臭)

息の臭いから病気を疑うことはよくあります。
内臓疾患や、歯周病などを原因とする口臭を
病的口臭と言います。

病気を原因とした口臭は徐々にきつくなっていき、
慢性的な臭いになることが多いため、
かなり強い口臭でも本人が気がつかない場合が多いと言います。

口臭と気を付けたいに臭いに関して、
参考までに表にしておきますが、
表現も人によって異なりますので、
安易に自己判断しないでくださいね。

 

息の臭いと気を付ける病気

 臭い  病気
 甘い臭い、やや酸っぱい、リンゴ臭  糖尿病、過剰なダイエット
 腐った卵の臭い  胃腸の病気(消化不良のため、食物が異常発酵している)
 カビっぽい臭い  肝臓の病気
 腐った肉の臭い  口の中の病気、喉、鼻の病気、呼吸器系の病気
 アンモニア臭  腎臓の病気

 

 

 

 

 

 

 

 

病的口臭は、いわゆる病気の症状になるので、
一時的に口臭が消えても、
元の病気が回復しないと完全に良くすることはできません。

逆に言えば、原因さえわかれば解消しやすい口臭と言えます。

臭いだけでなく、身体の不調などの自覚症状も確認し、
気になる場合は早めに病院に検査に行くことが重要です。

これに対して、一般的な口臭の場合、
生理的口臭
がほとんど言われます。

では、その生理的口臭はどんなもので、
何が原因かを次にお伝えします。

 

>>>生理的口臭ってどんなもの?……続きはこちら

▲“息臭い改善ブログ” トップページへ戻る

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ