息が臭いのは歯磨きのし過ぎ?

歯磨きイラスト

「うん、歯科医の本で読んだんだけどね。
酸性やアルカリ性に傾かないように、
常に口の中のpHを中和するのも唾液の重要な役割なんだって」

「なるほど」

「食事の直後なんかは、特に傾いていることが多いから
唾液がたくさんでて口の中を中和するんだけど、
そのときに歯磨きをしてしまうと、唾液が洗い流されちゃうわけ。

その上、歯磨きで口の中が乾燥することで
ますます息が臭くなるってこともあるんだって。

それ以外にも、磨きすぎで知覚過敏になったり、
歯が弱って、むし歯ができやすくなったり。

何度も磨く上に、あんまり、ごしごし磨くのは
一番良くないそうだよ」

「でも、確かに食後すぐって、
食べ物の臭いはしても、息臭いのとちょっと違うよね。
それに、磨けなくても、しばらくすると
落ち着くっていうか、気にならなくなるもんね。

やだ〜知らずにごしごしやってたかも……
でも、そうなるといつ磨けばいいのかな?」

朝起きたときと、夜寝る前。
どうしても食後磨きたい時は3時間ぐらいして、
口の中が乾いてきたとき……だって」

「そうなんだあ。
あんまり、神経質にならないでいいんだね」

「先生によっては、歯磨きも使わない方がいいっていうけど、
慣れないとすっきりしないよね。
だから、歯磨きを使う場合は、歯ブラシの1/3ぐらいがいいって」

「ああ、それはうちの歯医者さんでも教わった。
正しい歯の磨き方。歯磨きは少なめ。
あと、研磨剤の入っていない、
透明のペーストや液状の歯磨きもいいみたいね」

「そうそう。それから、私も気を付けてるけど、
なんか良い感じだよ。

あ、ついでに、
緑茶やコーヒーって息臭い原因になりやすいって、
知ってた?」

「え、そうなの?!」

「本来はカテキンが入っているから、
口臭を消す効果もあるんだけど、
酸味や渋みが口の中を酸性にして、
唾液を出にくくするんだって。

それにコーヒーは臭いの原因になる成分が、
舌に残りやすかったり、
飲み過ぎると胃が荒れて息臭くなるよね」

「そういえば、お茶した後って、
口の中乾くかも」

「でも大丈夫。飲んだ後に水を飲めばいいの
舌を洗うような感じでね」

コップの水

「なんか、恵理子すごい、先生みたいだねえ」

「いや、私も結構誤解してたことがあるから。
サプリもちょっと調べかけてたから、
今度それまとめてくるね」

「うん、じゃあ、またお願いね」

その日は、用事があるというみゆきと
そのまま別れました。

そう言えば、コーヒー飲むとき以外は、
マスクしっ放しだったな……。

 

>>>息臭い対策サプリのいろいろ……は、こちら

 

 

口臭対策のいろいろ

口臭が気になるとき、口臭を改善したいとき、
一般的には、どんな対策があるでしょうか。

★口臭の確認

口臭チェッカー

口臭のあるなしをチェックする機器
ペン型やカイロ型など手に収まる大きさで
息を吹きかけると、画像で度合いを表示してくれます。
ただ、精度はそれほど高くなく、
ニンニクやアルコールなどによる一時的な強い口臭向きで、
慢性的な口臭には不向きです。
金額は2000〜3000円前後が一般的。

自分で確認する

ガラスのコップなど無臭の容器に息をふきかけて嗅いでみる
鏡に息をふきかけて嗅いでみる、など

他人に確認してもらう

家族など、身内にお願いして確認してもらう
プロの意見が聞きたい場合は口臭外来で検査する方法もあります。
(ただし、ほとんど保険が適用されないため、高額です)

病的口臭の対策

まずは、病院に行くこと!

妥当なところで、最初に歯科検診を受けましょう。
病的口臭の最も多い原因は、虫歯や歯周病などお口の病気です。
その上で、内科や消化器科など、心あたりのある病院で検査を。

ちなみに、口臭に特化した口臭外来は自由診療での検査費用は、
初診2万円前後、診察1万円以上のところが多いようです。

★生活口臭の対策

A)対策グッズ

サプリメント、茶:ローズ、なたまめ、緑茶、シャンピニオンエキスなど

専用歯ブラシ:電子ブラシなど

歯磨き剤:ペースト、液状など

マウスウォッシュ(うがい薬)、マウススプレー

舌磨き:舌に残った食べ物カスが口臭の原因になることも多い。

B)対策法

を飲む、を口に含む

・よく噛んで食事をする

茶葉、だし昆布、梅干しなどを口に含む

・舌や口のエクササイズ

・規則正しい食事、生活

ストレスケア

 

>>>息が臭い原因、みゆきの場合…は、こちら

息臭い原因、みゆきの場合(歯科編)

 

スタバで待ち合わせていたら、みゆきが来た。
電話で言っていた通り、大きなマスクをつけている。

「久しぶり……息の臭いはその後どう?」

「う〜ん、歯磨きとかサプリとかいろいろ試してみてるけど」

彼女なりにがんばっているらしい。

私は調べてきたレポートを見せた。

「わかりやすくまとめてくれたんだね、ありがとう!」

「この前、歯周病ではなかったといってたけど、
歯医者では、どんな感じだったの?」

「うん、息の臭いが気になるって先生に言ったら、
まず、むし歯がないか調べたの。
むし歯があると、そこに食べかすが貯まって
臭いの原因になるんだって。
特に神経が腐っちゃうとすごいらしい」

「こわっ、でどうだったの」

歯科医画像

「軽いのは見つかったけど、
息臭くなるほどじゃなかったのね。
で、次が歯周病の検査とかで、口の中の菌を調べたんだけど、
あれ、凄いのね」

「え、どんな、痛いの?」

「ううん、痛みとか全然ない。
そうじゃなくて、テレビで見れるようになってる顕微鏡の映像が、
菌が動いているのが見えたりして、ちょっとグロかったの」

「あらあら」

「で、菌自体は少しあったのよ。でも、歯周ポケットも深くないし、
まだ歯周病ってほどじゃあないわねって
一応、マウスウォッシュみたいな薬もらって使ってみてる

「それで?」

「それから、歯石も取ってもらったの
久しぶりの歯医者さんだったから結構あってね、それはちょっと痛かった。
あれ、取ったあとって歯が浮いた感じになるのね。
1日ぐらい,固いもの噛むのが辛かったもん」

「やだな〜」

「あ、でもだめよ!恵理子も歯医者行った方がいいよ。
歯石は少なくとも半年に1回ぐらい取った方がいいって言ってたよ」

「そうなんだ」

「歯石って、どんなに丁寧に磨いてもついちゃうんだけど、
そこに歯周病などの菌がたくさんあって、
息の臭いの原因になるって。

歯周病で息が臭くなるのは末期的だから、
むしろ、歯石やむし歯を注意していた方がいいって言われたよ」

「そうか、あたしも行った方が良さそうだねえ」

「それと、恵理子が言うから、あれから内科も行っちゃった」

「え、自覚症状があったの?」

「ううん、だから、ドクターに息が臭くて来たって言ったら、
ちょっと笑われたわよ」

「あら」

「でも、それ以外自覚症状ないし、
身体検査のつもりで、エコーと血液検査したけど、
異常なしだったわよ」

「あら、それはご苦労さま。
でも、異常なくて良かったじゃない。
そうなると、生理的な方だよね。心あたり、ある?」

「……ん〜、あ、このドライマウスは気になってた
やっぱり、仕事しているとき話さないし……
でも、心あたりと言ったら全部気になるわね」

「実は、調べた私もかなりキケンかもと思っちゃた。
実際、今ってあまり人と近くに接することないから、
息が臭くても自分では気付かない場合が多そうだよね」

「食後は必ずしっかり歯磨きしてるし。
ミントなめたりとかもしてるんだけど、
家に帰ってマスクはずすと、もわっと息が臭ったりして、
がっかりしちゃう」

「あ、それそれ、歯磨きって、余りしすぎると良くないみたいよ」

「え、そうなの?」

 

>>>息が臭いのは歯磨きのし過ぎ?……続きはこちら

生理的口臭について

朝起きたときに息が臭い
…誰もが一度は経験したことがありますね。
その最も大きな原因は、ずばり唾液
寝ている間に唾液の分泌量が減って、
口の中の雑菌が増えたことが原因です。

病気を原因としない口臭を一般に生理的口臭といいますが、
これらの口臭を解消するためには、
唾液をコントロールすることが大切です。

唾液には、リゾチームという酵素があり、
この酵素が口の中の雑菌の細胞を破壊してくれます。
残った雑菌も、唾液とともの飲み込まれることで、
胃酸によって死滅するのです。
人間の身体のシステムって凄いですね。

こんな凄いパワーのある唾液なので、
さまざまな理由で唾液が減ると、口の中の雑菌が増え
口臭の原因になってしまうのです。

口臭が気になるとき、
毎日の生活をチェックしてみましょう。

・食事が不規則だったり、抜いたりする。
・食事を食べるのが早い
・噛まずに飲み込む事が多い。
・水分をあまりとらない。
・仕事中など、黙っていることが多い。

生活態度だけでなく、早食いや飲み込みなどで
食事中に顎を使わないことでも、
唾液の分泌が低下します。

また、夜更かしやエアコンの使いすぎなどが原因で、
自律神経の機能が低下しても、
唾液が出にくくなります。

風邪やアレルギーなどで鼻づまりになったときなど、
口呼吸も口臭の元になるので注意しましょう。

最近では、生活態度に加え、強いストレスなどにより、
口の中が常にかわくドライマウスという症状も有名です。

ドライマウスは、薬の副作用から起こす場合もありますので、
原因をよく確認した上で対応することが大切です。

更に、女性の場合は生理や妊娠時などのホルモンバランスの変化も、
口臭の原因になる場合があります。

 

>>>口臭対策のいろいろ…は、こちら

このページの先頭へ